手軽に自分のホームページを作ってみよう?まずは最初が肝心

ホームページを作るには目的を定めます


ホームページには趣味に関するものや、通信販売、リサイクルショップ、あるいは資格商売やSOHOで得意なことを始める、又はアフィリエイトを行うといった場合もあります。
最初にユーザーが訪れるページはホームページと呼ばれますが、そこにはタイトルやロゴ、メニューボタンなどを設置してそこからリンクされるページを作成して行きます。テキストや写真、イラストや動画など貼り付けることができますがその配分や色彩にも注意して構成を考えて配置します。規模の大きなサイトであればレンタルサーバーを無料や有料で借りる場合もあります。
実際にはHTMLなどの言語を覚えたり、CSSと言った専門的な内容を覚える必要もありますが、市販のあるいは無料のソフトを使って簡単に作ることも出来ます。
ホームページに置くページはファイルの拡張子は.htmlにしてその他は.htmで保存します。

ホームページ作成の作業について


作成したページは色々なパソコン環境の人が閲覧するわけですからなるべくスペックに配慮して表示画面の幅を設定します。ブラウザも数種類知られていますので、どういう色や範囲、位置に見えるかもチェックします。ページ数が増えるとサイトマップと言ってどういう内容のページが見られるのか案内のページも作って置きます。更新作業は行って行くことになりますからコピーライトの著作権表示も行っておきます。
リンクが正常に機能するかどうかも確認しておきます。
すべてのページが作成できると、プロバイダーかレンタルサーバーでファイルをサーバーにアップロードします。レンタルサーバーを借りる場合にはアカウントをとる必要があります。指定されたスペースにホームページ作成ソフトに付属しているソフトを使うかFTPソフトを使ってアップロードを行います。ページをモニターで確認して修正作業などを行いサイト登録を行います。

ホームページ作成を初心者がする場合は、レンタルサーバーのようなものを借りると簡単にできます。そこでは、丁寧な説明も書いてくれています。